FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sな人妻による匂い責めとスカトロプレイ

127 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:32:55 ID:qlE4kip5
今年の夏、mixiで見つけた日記をコピペしとく。mixiのプロフィールによると、
スカ女S:30代前半の人妻OL。スカ歴10年以上。
便器男:年齢非公開。体中にピアスを開けてるマゾ。スカ歴1年未満(スカ女に調教されて便器になった)
ふたりはネットのSM出会い系で知り合ったらしい。
オレが読んだ当時の日記は「全体に公開」だったが、現在は公開設定を変えられ、スカ女、便器男とも日記が読めない(T_T)
特にスカ女の日記は、たまーにしか更新されないが毎回興奮モノで、読むたびにオナニーしてたので残念!
日記はすべて保存してたので、いまでもたまに読み返してはオナニーネタにしてる。あー、こーゆー女と知り合いになりたい。
以下、スカ女Sの日記のコピペ。

128 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:33:40 ID:qlE4kip5
マイミクさんが「プレイの話を聞きたい」とのことでしたので、
8月2日のプレイ報告を便器くんに書かせました。
それをマイミクさんに送って終わりの予定でしたが、
便器くんの報告がすごい長文で「よくこんなに長いの書いたわねえ」
と感心したほどの力作だったので日記にのせてみることにしました。
日記用に読みやすいように手直しさせました。

129 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:34:17 ID:qlE4kip5
●8月2日のプレイ報告です(by 便器くん)
いつもの駅前で待っていると、約束より3分遅れでSさんが現れました。
今日は黒のタイトスカートに黒の網タイツ、淡いイエローの半袖ブラウスの胸元は大きく開き、
金色のネックレスがのぞいてます。
そして真っ赤な口紅・・・あいかわらず色っぽいです。
「今日もセクシーですね~」と言うと、口元をボクの耳に寄せてきて
「ウフフ。でもマンコはムレムレ、汚れててくさいわよ~」とニッコリ。
う~、エロ過ぎますっ!

130 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:34:46 ID:qlE4kip5
しばらく歩いてホテルにチェックイン。
お互いに近況を話したりして雑談を30分ほど。
・ ・・・そろそろプレイに入りましょうか、とゆーことで、ボクはお風呂で身体を洗います。
お風呂から上がり全裸のまま、鼻輪、両乳首、チンコにピアスをつけます。
さらに鼻輪に長さ150cmほどのチェーンを付け、
その先をSさんに渡すと・・・・いよいよプレイ開始です。

131 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:35:41 ID:qlE4kip5
ソファに腰掛けたSさん、足先を突き出し「いつものようにお願いね」と鼻輪チェーンをグイッと引っ張ります。
床にひざまずいた全裸のボクは「ハイ」と返事して、Sさんの左足のハイヒールをそっと脱がせます。
そして網タイツの足先を鼻に押しつけクンクン匂い、大きく息を吸い込み深呼吸します。
「ハァー、すごくくさいですぅ」
「そうでしょ、今日は朝から蒸し暑いのに、ずーっと履きっぱなしだったんだから」
続いて右足のハイヒールも脱がせて匂い嗅ぎ。これまた、くさくてシアワセ~。
(とゆーか、去年までは単にくさくてツライだけだったんですが、Sさんに何度も調教を受けているうちに、
くさいニオイにコーフンする身体に改造されてしまいました。
今ではニオイを嗅いだだけで勃起してしまい、ガマン汁まで出る身体になってしまいました)

132 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:54:35 ID:qlE4kip5
「じゃあ、そろそろ脱がしてちょうだい」
「ハイ」網タイツを脱がせます。
Sさんも腰を浮かせて脱がせやすいように協力してくれます。
生足になったところで、ボクは床の上に仰向けにころがります。
その顔の上に両足を乗せるSさん。
「どう? 生だとニオイもさらにキツイでしょ。たっぷりと嗅ぎなさい」と顔中を両足で踏みにじります。
鼻の穴に足指を入れてきたり、口をこじ開けて足指を入れたりして遊んでいます。
さきほどまでヒールを履いていたじっとり足裏でこねくりまわされ、顔がねっとり湿ってきます。
「舐めてちょうだい」
ボクはまたひざまずき、まず左足を両手で持ち、足の裏に舌を這わせます。
すごくしょっぱい足の裏を、カカトから爪先にかけて、何度も何度も舐めあげます。
「どんな味がするの?」「ハイ、しょっぱくておいしいです」
「よかったわねー。しっかり味わいなさい」もうSさんの足裏は、ボクのツバでベトベトです。
その足裏を時々ボクの顔に押しつけるので、ボクの顔もベトベトです。
舐めすぎて、しょっぱい味がなくなってきたら、Sさんに報告します。

133 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:55:27 ID:qlE4kip5
「次は指と指の間よ。いちばん汚れてるところだからおいしいわよ。汚れがとれるまで、しっかり舐めなさい」
まず小指全体を口に含み、ゆっくりとしゃぶって味わいます。
次に小指と薬指の間を舌で掃除します。ざらざらの垢がキレイになるまで、何度も何度もお掃除です。
次に薬指を口に含み、次に薬指と中指の間、と順番に舐め掃除していきます。
その間にもたびたび鼻輪チェーンが引っ張られ、「もっと強く舐めなさい」とか
「もう一度、中指と人差し指の間をお掃除しなさい」とか命令されます。
ラストの親指まで舐め終わったら、大きく口を開けて足先の5本の指をすべてくわえます。
すると、Sさんが足先をグイグイ突っ込んでくるので、ノドの奥まで足先が入ってしまいます。
ホッペタが大きく膨らんで、口中がSさんの足先でいっぱいになり「フゴー、フゴー」という呻き声しかでてきません。
Sさんはそんなボクを見て
「あらあ、いいお顔ねぇ。おまえの口の中は、私のくさい足でいっぱいなのよ。シアワセでしょ。ほら、窒息しちゃいなさい」
そう言って、口に足先を突っ込んだまま、ボクの鼻を手でつまみます。
息ができないので苦しくて「ウガウガウガ!!」ともがきますが、Sさんは許してくれません。
「いい声ね。もっと苦しんでちょうだい」と限界まで鼻をつまみ、やっと息継ぎさせてもらっても、また鼻をつままれ、の繰り返しです。
左足が終わると、今度はまったく同じことを右足にしますが、いつも、右足舐め奉仕の途中で、Sさんのほうから声がかかります。

134 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:58:12 ID:qlE4kip5
「ああ、もうガマンできなくなってきたわ。ほら、ここにいらっしゃい」
そう言って大きく股を開き、グイグイと鼻輪チェーンを引っ張ります。
「いつものように、まずニオイからよ。さあ、たっぷりマンコのニオイを嗅ぎなさい」
「失礼します」と声をかけて、Sさんの股の間に入り、タイトスカートを腰までまくりあげ、太腿を左右にグイと大きくひろげます。
目の前で大開脚アップとなったSさんのパンティーのクロッチ部分に鼻を当て、思いっきり息を吸い込みます。
「!!!!!」
くっさーい!!! ものすごい激臭です!!! 
思わずむせそうになりますがガマンして、さらに何度も何度もニオイを嗅ぎます。
アタマがクラクラしてくるほどくさいのですが、もうチンコはギンギンに勃起しています。
「一昨日から洗ってないから、もう3日目ね。どんなニオイがするか言ってみなさい」
「ハイ、オマンコのニオイと、オシッコにニオイが混じり合って、ものすごくくさいです~」
「そう。よかったわねー、おまえの大好きなニオイがいっぱい嗅げて。どう、嬉しいんでしょ」
「ハイ、とっても嬉しいです」
「じゃあ、もっと嗅ぎなさい」
そう言って、ボクの後頭部をわしづかみにして股間にグリグリと押しつけます。
「あー、気持ちいいわ~。パンティーの上からでも、オマンコぐっちょり濡れてるのが分かるでしょ。
足を舐められてるときから、もうビショビショだったのよぉ」

135 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:58:45 ID:qlE4kip5
鼻先をオマンコに押しつけられて、口だけで息をするボク。
しばらくするとアタマを押さえた手が離されます。そこで床の上に正座し直して、顔を天井のほうに向けます。
立ち上がったSさんが逆向きになり(ボクにお尻を向けて)、ゆっくりとお尻を顔の上に下ろしてきます。
ボクの鼻と、Sさんのお尻の穴周辺が密着するギリギリのところでピタリと腰を止めるので、そこでまた思いっきり深呼吸します。
「さあ、今度はどんなニオイかしら?」
「ハイ、ウンチのニオイがします」
「そうよ、昨日の朝、会社でウンチした後、ペーパーで軽く押さえた程度で、ちゃんと拭いてないのよ。
おかげでお尻の穴がムズムズかゆかったけど、おまえに舐めさせるためにガマンしてたのよ。さあ、しっかりと嗅ぎなさい」
そう言うと、後ろ向きのまま、顔の上にどっしりとお尻を下ろします。
全体重がかかっているので、鼻がお尻の割れ目に食い込んでいきます。
そのまましばらくお尻のニオイを嗅いでいると、Sさんが立ち上がり、
「鼻輪をはずして、ベッドの上で仰向けに寝なさい」と命令します。

136 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 14:59:18 ID:qlE4kip5
鼻輪を付けたままの顔面騎乗は、Sさんもボクも痛いだけなので、ここで鼻輪をはずし、ベッドに横たわります。
その顔の上にまたがるSさん。ボクの髪の毛をがっしりつかむと、クリトリス部分をボクの鼻に押しつけ、激しく腰をグラインドしてきます。
もうパンティーはビショ濡れで、パンティー越しにラブジュースがボクの顔に塗り込められます。
そしてものすごいオマンコ臭が!
「ああぁぁ気持ちいいわあぁぁ!」
鼻が曲がりそうなほど激しくオマンコを押しつけながら、
「イクイクイクイクぅ~」と、ボクの鼻をバイブ代わりにして、Sさんがイっちゃいました。
「ああ、気持ち良かったわあ~。ちょっと休んでるから、その間にマンコの掃除をしなさい。
今日は生理前で(性欲が)たまってるのよ。とことん楽しませてもらうから・・・わかってるわね!」
「ハイッ」

137 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 15:23:16 ID:qlE4kip5
仰向けにベッドに寝たSさんのパンティーをゆっくりと脱がします。
クロッチのマンコ部分には黄色っぽい汚れがベットリと。お尻に穴あたりにはウンカスが茶色くこびりついています。
「さあ、私の前でキレイしなさい」
「ハイッ」
汚れた部分に舌を当てベロベロ舐めまわし、最後は汚れ部分を口に含みチュウチュウ吸い込みます。
ヨダレでグショグショになったパンティーをSさんに見せ、汚れが薄くなったことを確認してもらうと、いよいよ生マンコのお掃除です。
ラブジュースまみれのオマンコに顔を近づけると、白っぽいマンカスがいっぱい付いているのが見えます。
これを舌でお掃除するのです。最初は優しくゆっくりと、次第に舌を伸ばして力を入れて舐めまわします。
Sさんからは「もっと吸いあげて!」「舌をマンコの中に入れて!」「もっと右!左!上!下!」「クリを舐めて!」などなど、
Sさんが気持ちよくなるための命令がどんどん下されます。
舐めても舐めても、新しいラブジュースが次々と出てくるので、顔中、ヌルヌル状態です。

138 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 15:23:55 ID:qlE4kip5
その間にも、Sさんは何回も何回もイっちゃうのですが、お許しがない限り、舐め奉仕は中断出来ません。
途中からSさんが身体を起こし、顔面騎乗の体制になります。
オマンコの中に舌を入れたまま、鼻にぴったりとクリトリスを押しつけられるので、息がまったくできません。
窒息寸前に息継ぎを許され、また窒息寸前まで・・・。
唇がふやけるぐらい舐め奉仕した後、Sさんが身体の向きを変えます。
ボクの顔に向かって座っていたのを、180度回転して、ボクの足に向かって座り直します。
「さあ、今度はお尻の穴よ。ウンカスを全部舐めとってちょうだい」
お尻の割れ目を両手で思いっきり左右に広げたSさん、突き出した肛門をボクの顔に近づけ、ぴったりと口をふさぎました。
「全部舐めるのよ。どう? ウンチの味、するかしら?」
「ハイ、苦いですう」
すると突然、「ププププーッ!」とスゴい音のオナラが。
「全部、吸い込むのよ!」
「ハ、ハイッ!」
思いっきり吸い込むと、激臭でまたまたチンコ大勃起です。
「あ~、男を尻の下に敷いてオナラ嗅がせるのってサイコ~。ミジメな姿がよく似合ってるわよ、便器くん。
私のオナラを吸い込みながら、チンコでもしごいてなさい。ほら、もうガマン汁があふれてるわよ~」
生理直前で燃えてるせいか、言葉責め絶好調のSさんです。お
尻の穴をボクの舌先に押しつけながら、両手で、ボクの両乳首のピアスを強烈に引っ張ります。
「アハハ。馬の手綱みたい。この乳首ピアス、おまえの顔に乗るのに便利ねえ~」
結局1時間ぐらいの間に、Sさん、7~8回ぐらい絶頂を迎えられたでしょうか? 
生理前は特に激しいようで、もう舌の感覚がないぐらい舐め奉仕させられました~。

139 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 15:24:27 ID:qlE4kip5
「あー、満足したわあ。何回もイったから、もうオシッコしたくてしたくて。ずーっとガマンしてたのよ。便器くん、飲尿器出して~」
飲尿器とは、勝手に名付けてるんですが、お茶とかジュースの500mlのペットボトルがありますよね。
あれを中ほどからカッターで切断すると、漏斗(ろうと、じょうご)型になるんです。
細い飲み口のほうをボクが口にくわえ、仰向けに寝ます。その上にまたがったSさん。「
いい? いっぱい出るわよ。全部飲むのよ。こぼしたらお仕置きよ!」
ジョワワワワーッ。すごい勢いでオシッコが出てきます。
止まらないので、ひたすらゴクゴクゴクゴクと飲み続けないとあふれてしまいます。
ジャジャジャーッ。飲んでも飲んでも水流は弱まりません。
1分以上も激しい放尿が続いたでしょうか? 
ようやくチョロチョロと水流が弱まり、やがて止まります。
もう、お腹がタプンタプンになるほど大量に飲まされてしまいました。

140 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 15:25:00 ID:qlE4kip5
(以前、500mlではなく、2000mlのペットボトルで飲尿器を作らされたことがあります。
その時は、仰向けに寝て口にくわえるところまでは同じなんですが、飲み口を舌でふさぐように言われました。
こうすると、舌が栓代わりになって、オシッコがどんどん貯まっていきます。
Sさんの放尿がやっと止まったときには、ペットボトル半分以上を超えていて「あら~、1200mlは出たわね~」と言われました。
その後、舌をずらして全部飲まされたんですが、ゆっくりと飲むのが気に入らなかったのか、
以降は500mlのボトルで、急いでゴクゴク飲まないと溢れ出してしまう、というシチュエーションがSさんのお気に入りのようです)
「はぁーすっきりした。トイレットペーパー代わりに舌でキレイにしてね」
オシッコで濡れたオマンコをペロペロチュウチュウとお掃除してる間に、また感じてしまわれたのか、激しく腰をグラインドさせるSさん。
顔中オシッコまみれのボクの鼻と口にクリトリスをグリグリと押しつけられ、またまた絶頂に達せられたようです。

141 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 15:25:39 ID:qlE4kip5
さて、いよいよラスト。黄金プレイの開始です。
ベッドにビニールのレジャーシートを敷き、ボクはその上に仰向けに寝ます。
ボクの顔に背中を向けるカタチでまたがったSさんのアナルを舌でマッサージします。
Sさんが両手で乳首ピアスをギューッと引っ張るので、痛気持ちよくて勃起しっぱなしです。
「お尻の穴に舌を突っ込んで、よーくマッサージしてね~」
3分ぐらい舐めていると「うーん、そろそろ出るかも。どう? ちょっとウンコの味がしない?」
「はい~、ちょっと苦くなってきました」
「そうよ、ちゃんと味わいなさい。あっ、出そう、出る出る出る」

142 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 18:24:27 ID:qlE4kip5
口の中に、コロンと丸くて固い物体がころがりこんできました。
大きめのチョコボールぐらいのウンチです。
「ゴックンしちゃいなさい」
「ハイ」
ゴクッと飲み込み、舌でアナルマッサージを続けます。
「さあ、それじゃあ本格的に出すわよ。毎日快便の私が、昨日の朝以来ガマンしてるんだもの。今日もたっぷり出るわよ。覚悟なさい」
そう言って、ボクの口にアナルをぴったり密着させ、いきみ始めました。
「う~んう~ん・・・出る出る。便器くん、いくわよ~」
アナルが大きく拡がったのが、舌の感覚で分かります。ムリムリムリ~と、ちょー太いウンコが押し出されてきます。
口の中いっぱいになってもさらに出てきて止まりません。口から10cmぐらい飛び出したところでやっと止まりました。
ものすごく大きな健康便で、トウモロコシやサツマイモみたいです。
「どう? 嬉しいでしょう」
「ふがふがふが(口がウンチでいっぱいなので、うなずくのが精一杯)」
「ゆっくり噛んでごらんなさい」
太いウンチを口の中で咀嚼します。ウンチの味が口いっぱいに広がっていきます。

143 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 18:24:59 ID:qlE4kip5
「まだまだ出るからね。今度は顔の上に出すわよ」
目の前、数センチのところにSさんの肛門が見えます。
その肛門がゆっくり開いていき、ブリブリブリ~と鼻の上にウンチがとぐろを巻いて積もっていきます。
さらに中腰になったSさん、今度はボクの胸の上にボトボトと軟便を排泄していきます。
これも胸の上にかなりの量がたまりました。
「あーすっきりした。これで全部よ。便器くんの顔と胸が、私のウンコだらけ。いい眺めだわ~。
さあ、そのままチンコをしごいて、いくところを見せなさい」
口の中いっぱいのウンコで、Sさんに口を犯されてるみたいで、ちょーコーフンしますう。

144 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 18:25:45 ID:qlE4kip5
Sさんは医療用の薄手のゴム手袋をはめて、ボクの鼻の上でトグロを巻いているウンチをつかみます。
そして、ボクの鼻の穴の中にウンチを詰め込んでいきます。
ニッコリ笑顔で、オママゴトをしている子供のように楽しそうです。
いっぽうボクは、両方の鼻の穴をふさがれたので、ウンチだらけの口の隙間から、かろうじて呼吸できるだけなんですが、
Sさんはウンコだらけの手で口の中にさらにウンチを詰め込もうとします。
「ウガガガガガああ(もう、これ以上、入りません~、と言おうとしてるのですが、口中ウンチだらけでしゃべれません)」
Sさん、クスクス笑って
「さあ、口の中のウンチ、そのまま食べちゃいなさい。でないと、ウンチで窒息しちゃうわよ。
便器のおまえにはそんな死に方がお似合いだけどね、ウフフ」
言われるまま、ゴックンゴックンとウンチを飲み込んでいくのですが、
口の中のウンチが少し減っても、それ以上に鼻や胸の上のウンチを大量に詰め込まれるので、いつまでたっても口中ウンチだらけです。
そして今度はウンチをたっぷりと手に取ると、それをボクのチンコとタマタマになすりつけ、シコシコとしごき始めます。
「ほらあ、私のウンチがローション代わりよ~」

145 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 18:27:52 ID:qlE4kip5
しばらくSさんにチンコをしごかれて天国状態だったのですが、Sさんも飽きてしまったのか「今度は自分でしごいてごらんなさい」と。
ウンチまみれのチンコをボクがしごくのを、じっくり見ているSさん。
「ああー汚い! こんなふうにされて勃起させてるなんて、どうしようもない変態ね。ペッ、ペッ、ペッ!」
とウンチまみれのボクの顔にツバを吐きかけます。「
どうしたの? お礼は?」
「ハガハガハガフガフガああ(口の中がウンチだらけでしゃべれません)」
「じゃあ、私のウンチまみれの身体でイっちゃいなさい!」「
アガアガアガガガあ!!!!」
ドピュッドピュッドピュッと、アゴのあたりまでザーメンが飛び、すごい勢いで射精しちゃいましたあ。
「うわー、いっぱい出たねー」
「・・・・・・・・(放心状態のボク)」

146 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 18:28:24 ID:qlE4kip5
先にシャワーを浴びてきたSさん。
「あー気持ち良かったわあ。すっきりしちゃった。やっぱりムラムラきたら、マンコ舐めさせるに限るわね! 
便器くん、シャワー浴びてらっしゃい。ちゃんとウンチは吐き出すのよ」
お風呂場にて、全身のウンチを洗ってから、ウンチだらけの歯を磨きます。
ハミガキしてると、「オエー」って感じで、えづいてきて、何度も何度も吐きます。
口からウンチがドボドボこぼれてきます。
Sさんは、「プレイ後は絶対にウンチを吐き出すように」と言ってくださいます。
お腹に入れたままだと身体に悪く、お腹が痛くなったり、じんましんが出たりすることもあるそうです。
幸い、すぐに吐き出してるおかげか、もう何回もプレイしてるのに、まだ体調がおかしくなったことはありません。
お風呂上がりに、また30分ぐらい雑談してからホテルを出て、駅前で別れます。
月に1~2回、Sさんからプレイの呼び出しがあるまで待っている便器奴隷のボクなんですう。

147 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 19:27:08 ID:qlE4kip5
注1:ウンチのニオイって、身体を洗ってもなかなか取れないらしいのですが、
Sさんの場合、プレイの数日前から、野菜・果物類中心の食事、薬(ビタミン剤や風邪薬など)はいっさい飲まない、
という生活をされているため、ニオイの薄いウンチなのです。
なのでボディローションで洗うだけで、キレイにニオイが取れます。

注2:汚れた下着やオマンコのニオイを嗅がされたときに、「いい匂いです~」と言うとSさんは怒ります。
「くさーい(>_<)、けれど勃起」「くさーい(>_<)、けれどコーフンする」というほうが、変態ぽくて好きなんだそうです。
同じく「聖水」「黄金」という言葉もキライなのだそうで使いません。
汚~い「オシッコ」「ションベン」「ウンコ」「ウンチ」を食べさせることにコーフンするからだそうです。

注3:Sさんの次の目標は、生理の血をゴクゴク、使用済みタンポンをチュチュウ吸う便器にボクを改造することだそーです((>_<)

148 :名無し調教中。:2008/12/07(日) 19:29:19 ID:qlE4kip5
Sです。以上が便器くんの報告。
自分のプレイを客観的に読んでみて思ったことが2つありました。
ひとつめは、普通の男性からみたらスカプレイって異常よね、スカって聞いただけで引いちゃうのも無理ないわねえってこと。
ふたつめは、そんな異常なプレイ報告を読んでマンコが濡れ濡れになっちゃう私はやっぱり変態なんだってことです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。